LUXENDO社 light-sheet microscopy Products

Luxendo社は、2015年にEMBLからスピンオフし設立されました。独自のライトシート蛍光顕微鏡装置を開発および製造しています。 アプリケーションに重点を置き、使いやすく、世界中の科学者に使用されています。顕微鏡は、生物の薄いスライスのスタックを連続的に照らすことにより、サンプルの光毒性を回避し、光損傷なしで長期間生物を観察することができます。異なるタイプのlight-sheet顕微鏡システムがあり、様々な用途のニーズを満す事ができます。

製品情報

LCS-SPIM 製品画像

透明化サンプル用ライトシート顕微鏡 LCS-SPIM

LCS SPIMは透明化サンプルに特化した専用ライトシート顕微鏡です。2本の照明用対物レンズと1本の検出用対物レンズで撮影します。サンプルチャンバー(容器)の大きさは、3種類から選択可能で、最大は20mmx20mmx40mmのクォーツ容器になります。従来のMuVi-SPIM CSでは不可能であったホールボディーや大きな全脳の撮影がカットすることなく可能になりました。高速撮影のオプションも豊富に取り揃え、12mmサイズの全脳を5分で撮影可能です。ホールボディーや、透明化脳、透明化臓器といった大きなサンプルをカットすることなく、高速でスクリーニング的に観察するアプリケーションに最適です。

LCS-SPIM PDF

MuVi SPIM 製品画像

マルチビューライトシート顕微鏡 MuVi-SPIM LS MuVi-SPIM CS

MuVi-SPIM LSは2本の照明用対物レンズと2本の検出用対物レンズでサンプルを360°照明し、撮影できるライトシート顕微鏡です。これにより、サンプルの回転を必要とせずに、4つの角度から全体を撮影します。また、4つの視野を75fps@2Kx2Kで表示するなど、従来のマルチアングル型ライトシート顕微鏡に比べて大幅に撮影速度が速く、回転させない安定した状態のサンプルを長時間4Dライブイメージングできます。サンプルを置くピエゾステージは高精度な位置調整を行い、ビームスキャン方式で薄く形成されたシート照明は高い分解能を発揮します。
MuVi-SPIM CSは透明化サンプルに特化した専用ライトシート顕微鏡です。2本の照明用対物レンズと2本若しくは1本の高倍率検出用対物レンズで高解像度にて撮影します。サンプルマウントは容易で、3Dプリンターにてカスタマイズ作成されたアームにサンプルを簡易固定し、ロボットアームにてサンプルチャンバーに入れます。大きなサンプルは180度ローテーションして各パートを撮影し、最終的に360度のホールイメージを作成します。

MuVi-SPIM LS PDFMuVi-SPIM CS PDF

InVi SPIM 製品画像

ライブイメージングライトシート顕微鏡 InVi-SPIM

倒立型(Inverted)のInVi-SPIMはライブイメージングに最適化されたライトシート顕微鏡です。繊細な生体サンプルはチャンバに置くだけでよく、刺激などのアクセスにも自由度を備えます。CO2や温度管理も行え、高感度sCMOSカメラによる高速撮影はレーザ走査顕微鏡より大幅にサンプリング時間が短縮します。さらに、シート光による単一面励起が光毒性を極力抑え、細胞の生存時間を飛躍的に向上させて、その動態を高速に4Dで捉えます。ビームスキャン方式による薄いシート照明と25x/NA1.1の対物レンズは高い分解能を発揮します。

InVi-SPIM PDF

QuVi SPIM 製品画像

正立型双方向ライトシート顕微鏡 QuVi-SPIM

QuVi SPIMは正立型ライトシート顕微鏡のため、サンプルアクセスが容易であり、インジェクションやSBSプレート、ペトリディッシュの使用も可能、また、インキュベーションオプションによって長時間の3Dセルカルチャーも可能な万能ライトシート顕微鏡です。2本の高倍率水浸対物レンズにより、XYZ:340nmの高解像を実現します。オプションの透明化サンプル用のレンズも取り揃えているので、透明化サンプルにも対応可能です。アプリケーションの幅は広く、生細胞、固定細胞、透明化サンプル、3Dセルカルチャー(スフェロイド、オルガノイド、チューモアロイド)、スクリーニング、Caイメージング、FLIM、FCS等に最適です。

QuVi-SPIM PDF

Lux DATA 製品画像

ライトシート顕微鏡用データサーバー Lux DATA

Lux DATAは、Luxendo社ライトシート顕微鏡専用のデータプロセッシング&ストレージサーバーです。Lux DATAは3つのコンポーネント(150TB or 350TB RAID6データストレージ、ハイパフォーマンスコンピューター(2x 14-Core Intel Xeon CPU, 3x NVIDIA GeForce GTX2080 GPU,256GB RAM)、高速ネットワーキング(10Gbit/s LAN & SPIM))から成り立っており、データ撮影やデータプロセッシングの間でも高速のデータの転送が可能です。Luxendo SPIMで撮影されたデータはHDF5という高圧縮フォーマットで保存され、3rdパーティーソフトウェアとの互換性もあり、データプロセッシングでデータの互換性で悩む必要はございません。

Lux DATA PDF

詳細はメーカーHP へ